京都府京丹後市丹後町 はしうど福祉会|特別養護老人ホームいちがお園 いわきの里 間人あきばの里

 
いわきの里/間人あきばの里
  1. トップ
  2. いわきの里/間人あきばの里

いわきの里

いわきの里-高齢者グループホーム

いわきの里 高齢者グループホーム

威風堂々とした大屋根をもつ、総瓦ぶきの木造住宅です。
自然豊かな岩木の村にほのぼのと溶け込んでいます。


グループホームってどんな所?

認知症があっても人としての尊厳を大切にし、生きがいや役割を持って、家庭的で心に寄り添いながら楽しく暮らしていく所です。

どんな方が入所できるの?

要支援2~要介護5の認定を受けられた「認知症」と診断された方で、共同生活を送ることに支障がない方です。

施設概要

居室(9室[うち和室1室])、ダイニングキッチン、居間(1室)、浴室/洗濯室、
トイレ(3室)、多目的室(1室)、物干場(1ヶ所)、駐車場(7台)

建築概要

木造平屋建て(総瓦ぶき)、敷地面積:942.29㎡、延床面積:339.25㎡

施設の様子


いわきの里-高齢者グループホーム 見取り図

いわきの里-小規模多機能施設

いわきの里 小規模多機能施設

・家庭的な雰囲気の落ち着ける居場所をつくります
・地域の中で人が集い、ほっと安心できる家をめざします
・その人らしく過ごす生活を支援していきます


小規模多機能施設とは?

年をとっても、住み慣れた自宅で、なじみの人たちとかかわりをもちながら暮らし続けたいと、誰もが望んでいるのではないでしょうか?「住み慣れた場所」というのは、見慣れた人、風景があったり、ただそれだけでほっとした気持ちにさせてくれます。とりわけ環境の変化に敏感なお年寄りにとって「なじみの環境」を継続させることが一番の安心感を与えてくれます。

介護が必要になっても、自宅の近くに、安心して「通う」場所があり必要に応じて「宿泊」ができ、必要とき「訪問」してくれる・・・そんな住宅福祉サービスがあれば、自宅を離れることなく、住み慣れた場所で暮らし続ける、そんな願いを叶えるための新しい施設です。

いわきの里-小規模多機能施設

通う(デイサービス)」「訪問する(ヘルパー)」「泊まる(ショートステイ)」
の3つの機能を柔軟に組み合わせながらサービスを提供します。


・サービスの提供は、すべて同じ場所で、同じ職員によって行います。
・施設の周辺地域の方のみの対象ですので、顔見知りが多いです。
 以上の特徴から安心してサービスを受けられます。


施設の様子



サービス内容

小規模多機能「通い(デイサービス)の機能」

営業日 :365日
基本時間:9時~16時(必要に合わせ調整します)
1日定員:登録人数のほぼ半数(最大20名で、12名)

既存のデイサービスとの違い

レクリエーション・食事・入浴といった決まった流れではなく、利用時間も朝から夕方までの方、お風呂のみ、食事のみの短時間利用の方と様々な利用で、在宅生活を考えていきます。その方の自宅での過ごし方に近い形で、過ごしていただきます。


小規模多機能「訪問する(ヘルパー)機能」

営業日:365日 毎日
時 間:巡回型24時間連絡体制あり
通いの延長線上として、通いサービスで支えきれない時間帯を支援していきます。
(食事・排泄・安否確認など)

既存のホームヘルパーとの違い

30分、1時間など利用時間の枠にとらわれず、必要なときに、必要な支援をさせていただきます。服薬の確認や、見守りなどの数分の訪問から、不安な気持ちへの対応などの、腰をすえた訪問まで暮らしを支えるために柔軟に対応します。


小規模多機能「泊まる(ショートステイ)機能」

営業日 :365日 毎日
基本時間:16時~翌日9時
1日定員:3名

既存のショートステイとの違い

これまでは、施設の空室状況に応じて、利用を判断せざるを得ない、本人さんや介護者の方のいろいろな変化に、対応しにくい現実がありました。1日の定員には限りがありますが、日常的に関わり、事情をよく知っている職員が、困ったときには、臨機応変に対応させていただきます。


登録利用していただける方

要支援・要介護認定を受けておられる方で、お住まいの地区が豊栄地区竹野地区の方(最大20名まで)です。

なお、小規模多機能施設いわきの里利用中は、以下のサービスは利用できませんので、ご注意下さい。
いちがお園または、いちがお園以外の事業所のデイサービス・ショートステイ・訪問介護
訪問看護及び福祉用具貸与や購入はできます。

ケアプランについて

いわきの里のケアマネージャー(介護支援専門員)がサービス計画書を作成します。
日中の通いサービスを中心に、ご本人や介護家族の状態、事情に合わせてご相談し、訪問サービスや一時的な泊まりサービスを柔軟に組み合わせて作成します。状況変化があった時などは必要に合わせて、随時、臨機応変に対応します。

間人あきばの人

間人あきばの里-小規模多機能施設

間人あきばの里 小規模多機能施設

1、心で感じ、心に寄り添います
1、お互いに「笑顔が見たいで明日も来るで」
  の気持ちを大切にします。
1、「じげ」の暮らしを支え、地域との絆を守ります。


小規模多機能施設とは?

「介護が必要になっても馴染みのある地域で、住み慣れた家で暮らしていきたい!」そんな当たり前の思いを実現できるお手伝いをさせていただくのがこの事業です。可能な限り、安心して在宅生活が続けられるように、柔軟にサービス提供できるのも大きな特徴です。それをおこなっていくには広範囲では難しいものがあります。狭い範囲だからこそ小回りのきいた柔軟な対応が出来、「住み慣れた地域での暮らし」を支える事が出来やすくなりました。

登録制で24人が定員となります。日中の「通い」を中心とし必要に応じて「訪問」。
泊まり」のサービスを受けることが出来ます。「通い」「訪問」「泊まり」、どのサービスをご利用されても馴染みの職員が関わります。1つの場所からサービスが提供されますので、相談・調整もしやすくなります。


施設の様子





サービス内容

通う

通う

利用体制:1日12名
利用時間はご本人の体調や生活等に合わせて、ご相談して決めていきます。
和やかで家庭的な雰囲気の中、馴染みの職員がお待ちしています。
「ちょっと近所まで・・・」と気軽な気持ちでご利用していただけたらと思います。
何かしようと思えたらいい!何もしない、それもいい!
一人ひとり「間人あきばの里」での過ごし方は自由です。
職員はご利用者の気持ちに寄り添って、必要なところだけお手伝いします。



訪問する

訪問

訪問時間はご本人の体調や生活等にあわせて、ご相談して決めていきます。
馴染みの職員が訪問します。馴染みの地域で、住み慣れた家で「ご本人らしい暮らし」が
続けられるように支えていきます。



泊まる

泊まり

利用定員:1日5名
いつもの通い慣れたところに「通い」「訪問」で馴染みになった職員が対応する事でご利用者も安心してお泊りする事ができます。相談窓口は「間人あきば里」1つだけ。だから、必要なときのお泊りが可能になりました。



利用対象地域

地域密着型サービスの特性を生かす為に利用は次の地域の方々に限られます。
間人地区、竹野地区

登録制

「間人あきばの里」は登録定員数が24名です。
それ以上の登録ができません。

お願い

小規模多機能施設は「住み慣れた地域や自宅での暮らしを支援してく」ことを目的とした事業です。
施設入所替わりの「泊まり」を中心としたサービス利用は、その目的から外れますので、ご理解いただきますようお願い致します。

利用できないサービス

「間人あきばの里」以外の施設の、
訪問介護、訪問入浴、通所介護、通所リハビリ、短期入所生活介護、短期入所療養介護

介護職員募集中

いちがお園

〒627-0224
京丹後市丹後町岩木487番地

いわきの里

〒627-0224
京丹後市丹後町岩木985番地

間人あきばの里

〒627-0201
京丹後市丹後町間人2511番地6